ORTHODONTICS

対応症例について

下顎前突(受け口)とは?


下顎前突(受け口)とは、奥歯をかみ合わせた際に上下の前歯の位置関係が逆になっており、下の前歯が上の前歯よりも前方に位置している状態のことを指します。



下顎前突(受け口)の原因とは?


成り立ちとしては、骨格的に上あごが小さいもしくは下あごが大きいという上下の顎の骨のバランスに問題がある場合と、骨格には大きな問題はないが、歯の生え方によって下顎前突になっている場合とがあります。

かみ合わせを型作る要因としては、大きく遺伝と環境の2つの要因が挙げられますが、下顎前突は、中でもご家族やご親類に下顎前突の方が多くいらっしゃるなど、遺伝の要因が大きい場合には矯正治療だけで下顎前突を改善することが困難になります。


骨格性の原因(顎の骨のバランス)



上顎に比べて、下顎が過成長すると、下顎が正常よりも前の位置に出てしまっています。結果、下顎前突(受け口)になってしまいます。


歯性の原因(歯の生え方)



骨格性の問題はなくても、歯の生え方で下顎前突(受け口)になることがあります。イラストのように、上の前歯が真っ直ぐに生えず、内側に傾いて生えてしまう場合です。


上顎前突(出っ歯)を放置するリスクとは


上顎前突の方の多くは、唇を閉じた際に下唇が上下の歯の間に挟まってしまい、唇を閉じているのに上あごの前歯が見えたままになってしまいます。上顎前突を放置すると上あごの前歯が乾燥し虫歯や歯周病になりやすくなってしまうこともあります。また、お子さんなどでは上顎前突により外傷により歯が傷ついてしまうリスクも高いと言われています。

歯科医師に直接ご自身の歯並びをチェックして欲しい方は初診カウンセリングをご利用ください。

症例と治療例についても詳しく見る

当院が使用するマウスピース型カスタムメイド矯正装置(製品名 インビザライン 完成物薬機法対象外)は、日本国内の医薬品医療機器等法(薬機法)における医療機器および歯科技工士法上の矯正装置に該当しません。日本薬機法上の医療機器として認証・承認を得ていない装置であるため、担当歯科医師の全責任において治療が行われます。
▼より詳しいご説明はコチラから
マウスピース型カスタムメイド矯正装置とは?


治療内容 ■当院で行う矯正治療は、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(製品名 インビザライン 完成物薬機法対象外)を1日20時間以上(目安)装着して歯を移動させる治療法です。
■1週間~2週間毎に患者様ご自身で新しい装置へ交換していただくため、自己管理が重要です。
■装置の枚数、交換のタイミング、治療期間は患者様ごとに異なるため、担当医の指示に従って治療を受ける必要があります。
治療にかかる費用
■個々の症例により異なりますが、全顎の矯正治療にかかる費用は400,000円~800,000円 (税抜)です。
※矯正治療は自費診療(保険適応外)となります。
※適応は限られますが、軽度の方や部分矯正が可能な方に対応したものもございます。
考えられるリスク・注意点 ■マウスピースは担当医の指示に従い、1日20時間以上装着する必要があります。
■口腔内の状況に応じて、本矯正治療では対応できないこと・または補助矯正器具が必要になるケースがあります。
■装着時間や経過観察を正しく行えない場合、良好な治療結果が得られない・治療期間が延長するなどのリスクが考えられます。
■新しい装置に交換後1~3日ほどは痛みや違和感が出ることがあります。
■治療後には、後戻りを防ぐために保定装置(リテーナー)の装着が必要です。
■薬機法未承認の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。