BLOG

名駅MAブログ

日本人には「出っ歯」が多いと言われています。顔の表情や噛み合わせに影響することもあるため、出っ歯を治したいと思っている方も多いでしょう。マウスピース型矯正装置(インビザライン)による矯正を行えば、出っ歯を治して美しい歯並びを手に入れることができます。
今回は、出っ歯の原因や治療方法について詳しく解説していきます。

【目次】
1、出っ歯の原因はなに?
2、出っ歯とは
3、出っ歯の原因
4、症状別、出っ歯の矯正例
 ・奥歯のかみ合わせに問題がない場合
 ・上あごが前に出ている場合

出っ歯の原因はなに?

出っ歯は人目に付きやすく、子供の頃から悩んでいる方も多いかもしれません。そもそも、どうして前歯が出てしまうのでしょうか。まずは気になる出っ歯の原因について解説します。

出っ歯とは

出っ歯とは、上あごや上の前歯が前に突出している状態を表します。上下の歯が正しくかみ合わない不正咬合(ふせいこうごう)の1つで、歯科専門用語では上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。

日本人はあごの骨の大きさに対して歯が大きい傾向にあり、欧米人に比べて出っ歯になりやすいといわれています。審美的な問題はもちろん、出っ歯を治療しないと様々な健康上のリスクを引き起こします。具体的には次のようなものが挙げられます。

ドライマウスになる

出っ歯の場合、意識的に口を閉じないとポカンと口が開いた状態になってしまいます。このため口内が乾いたドライマウスとなり、抗菌作用のある唾液が減ることで口臭や歯周病の原因になります。他にも、ろれつが回らなくなったり、睡眠障害を引き起こしたりする場合もあります。

胃腸に負担がかかる

意外に思われるかもしれませんが、出っ歯は胃腸など消化器官にも影響を及ぼします。歯のかみ合わせが悪いと食べ物を十分に噛み砕くことができず、消化するときに余分なエネルギーを必要とします。これにより体の他の部分にエネルギーが行き渡らなくなってしまい、学業や仕事に集中できなくなることもあります。

歯の寿命が短くなる

かみ合わせが悪いと歯に負担がかかり、歯の寿命を早めてしまいます。子供の場合は歯をぶつけて折ってしまうリスクも高まるため、早い段階で治療することをおすすめします。歯の寿命は健康寿命に影響すると言われており、歯を悪くしたり失ったりすることで全身の病気につながる可能性があるのです。

見た目のコンプレックスにつながる

出っ歯の方が意識的に口を閉じようとすると、表情筋が緊張して怒ったような表情になったり、あごに梅干しのようなシワができたりします。また横から見ると鳥のように口元が突き出て見えるため、横顔が気になるという方も少なくありません。見た目を気にするあまり、精神面に影響が出てしまうこともあります。

出っ歯の原因

出っ歯になってしまう原因は、大きく分けて2種類あります。

1つ目は先天的なもの(遺伝的要素)で、生まれ持った骨格に起因します。
上あごが大きすぎたり、逆に下あごが小さすぎたりすると、上の前歯が前に出ているように見えます。先天的な出っ歯は、歯列矯正をしなければ改善されません。また、症状が重度の場合はあごの骨を削る外科手術を伴う場合もあります。

2つ目は後天的なもので、無意識に行っている癖や習慣が原因となるものです。
実は、出っ歯の原因の7割は後天的なものと言われています。ここで言う癖や習慣とは、赤ちゃんのときの指しゃぶりや、爪を噛む癖などが挙げられます。このような癖のある子供は成長過程で出っ歯になってしまう可能性があります。お子さんにこのような症状を見つけたときには、癖にならないよう直してあげてくださいね。

症状別、出っ歯の矯正例

ここでは、出っ歯を矯正した治療例を症状別に2つご紹介します。

矯正治療は基本的に自由診療のため、歯科医院によって治療費に幅がある点に注意しましょう。マウスピース型矯正装置(インビザライン)による当院の矯正では、大人であれば40万円〜80万円で治療することができます。装置を正しく装着し適切な間隔で通院すれば、1年半から3年で治療が完了します。

奥歯のかみ合わせに問題がない場合

1つ目は、奥歯のかみ合わせには問題がなく、前歯だけが突出している症例です。このような場合、IPR(interproximal reduction:隣接面削合)という手法でいくつかの歯を削り少しずつ小さくしていきます。これにより、前歯を後ろに下げるためのスペースを確保します。

どの歯をどの程度削るのかは、治療計画の段階で担当医が判断します。症例に合わせて、IPRによって抜歯せずに出っ歯を改善する方法を選択していくことが可能です。

上あごが前に出ている場合

2つ目にご紹介するのは、奥歯のかみ合わせのずれが大きく、さらに上あご歯茎と歯が前に突き出ている症例です。

前歯が唇のほうに大きく傾斜しており、奥歯に大きなずれが生じています。こういった場合は、抜歯をしてかみ合わせを調整しなければなりません。上あごの4番目の歯(第一小臼歯)を抜歯し、上の前歯を後ろに下げるなどして出っ歯を改善していきます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)なら、周りの目を気にすることなく、ワイヤー矯正と比べて短い期間で歯並びを改善することができます。他院で「ワイヤー矯正でないと治らない」と言われた方も、インビザラインによる矯正で直せる可能性があります。出っ歯でお悩みの方は、ぜひ無料のカウンセリングをお受けください。カウンセリングでは、腔内診察、口腔内写真、治療後の歯並びをイメージできるiTeroによるシミュレーションで、インビザラインのメリットとデメリット、治療費用や期間を詳しくお伝えしています。

無料カウンセリングの内容について